ホーム 一口一言 環境目次

月に一度、里山作りと次代を担う人材育成を目指し、平成の松下村塾を目標に講座を開設しました。

第1回 5月17日(木)石川主計氏 「匝瑳について」

第2回 6月9日(土)斉藤自動車整備工場 斉藤旭氏「我が波乱の人生」

第3回 7月14日(土)中央大学教授 山田 正氏 「日本の水 世界の水」

第4回研心講座 8月18日 PM6:30 茂原生活情報センター 石井正雄氏講演

「命とは」 あなたはあと何年生きられますか

参加者 15名とにぎやかで夜の更けるのも忘れて語り合いました。

8月18日 PM9:00〜13:00 

夏休み 工作教室を開催しました。参加者小学生 1年から6年 6名参加。

それぞれ工作を楽しみました。

9月16日 第5回研心講座開催

先人達に学ぶ〜渋沢栄一とグラント将軍 

(株)保険教育システム研究所 主任研究員 宇井教雄氏に講和をお願いそました。

10月13日 第6回研心講座 PM6:00より開催

大網白里町在住 元日航国際線パイロット機長小平久幸氏 に「航空機事故を防ぐ最後の手段 クルーリソースマネジメント 」と題して 講演いただきました。

11月10日 第7回研心講座開催。ときがねウォッチング代表猪坂玲子氏講和「里山について」12名の参加でした。

12月8日(土) 第8回研心講座 松尾町在住 花澤信幸氏 「上手な写真の撮り方」 趣味の域を超えた、プロの技を教えていただきました。撮りたい対象物を画面3分の1に納めるのが秘訣だそうです。皆さん試してみましょう!

2013年 1月12日(日) 第9回研心講座開催 横芝光町橋場在住 今年99才を迎える小川みさを氏を迎え「自立して生きる」と題し 講和いただきました。高齢にも拘わらず、背筋がピンと通りかくしゃくとして生きる女史に一同感銘する。

2月16日

三枝克太郎、さち子夫妻による「塩から元気をもらおう」と題し、朝9時から、伊豆大島の深層海水を釜茹でし、午後3時仕上がり、袋でしぼって自然海水塩のできあがり、みんなで6時からフキノトウやまいたけの天ぷらで舌鼓をうち、大いに飲みました。

森冨美子さん91歳にも来訪いただき、越川春樹先生「懐徳塾」のお話などしていただきました。

3月9日 木内弘司さんに「外から見た横芝光町店」と題して 町活性化の提案をしていただきました。

4月6日千葉県神社庁 総代会副会長 匝瑳市在住 河野好雄氏に「川柳の楽しみ方」を軽いユーモアを交えお話いただきました。

5月11日 14回研心講座。熊野神社 総代長 伊藤正芳氏。「わが歩み来し道」 1時間、千葉経済連 会長としての履歴を中心にお話 いただきました。

6月15日 15回研心講座 世貴山実蔵院永享寺 橋浦芳朗氏、「思い込み」と題し、お話いただきました。

7月13日 鈴木常子氏、千葉市花見区からおいで頂き、泉の郷会員12名 常子氏同級生9名参加、熊野神社社務所を会場として借り 「父 越川春樹のこと」と題し お話いただきました。

8月3日 17回研心講座 横浜からサクマフーズ社長 佐久間三郎氏(廣池学園 モラロジー研究所講師)に「品性の完成が生き甲斐ある人生をつくる=品性とは」と題し、1時間30分 実際の経験を交えて、人の生き方についてお話いただきました奥様も同伴です。

9月14日 18回研心講座 芝山町から 元県会議員 伊藤 丈(つかさ)氏に 現役時代 成田空港開設までの苦労話などお話いただきました。

10月12日 19回研心講座 木内さんの紹介で山武市在住 真行寺重昭氏「忘れられた戦跡」というテーマで東金や成東近辺に戦闘機で戦死された方々の戦いの様子、その後の遺族のお話など、独自に調査した資料をもとにお話くださいました。

11月9日 20回研心講座 池袋で6.6坪のオーガニックバー「たまにはTHUKIでも眺めましょ」を経営する 高坂勝氏にきていただき「減速して生きるーダウンシフターズ」という題でお話いただきました。半農半X・・・現代はあまりに便利になりすぎて、お金を稼がなければ生きられない仕組みに組み込まれてしまっている。もっとシンプルに自活して生活すればたとえ所得は半分になったとしても、もっと心豊かに生きることができる。現代社会に対する風刺であると同時に新しい価値の創造でもある。

12月7日 21回研心講座開催。作家 乾浩氏 (横芝光町在住 メンバーの一人である下高原美津子さんの紹介で山口県大島出身)に講和をいただく。「頼朝と房総武士団」と題し、平安末期、農業を営む坂東の武士たちが京から独立しようと立ち上がる時期を分かりやすく説明ありました。歴史が人間模様として躍動するのを感じました。講座開催前に午後4時より野栄町 熱田成治氏に手打ちそばを打ってもらいみんなでおいしくいただきました。

2014年 1月25日初講座 第22回研心講座開催 横浜市港北区から サクマフーズ 社長 佐久間三郎氏 ご夫婦に来ていただきました。題して「道徳は家庭から」夫婦円満が商売繁盛の元と学びました。一時間半の熱弁でした。

3月1日慶応大学教授 フィリップ オセテン氏 (ドイツ人)講和「国際法について」特に極東軍事裁判(東京裁判)について、A級戦犯の定義など、法律用語に照らして説明いただいた。日本国の戦後の処理の大事な部分が明確の記録されていない事実に愕然とし、ドイツ人がそこをきちんと整理されていることに感謝した。

4月12日(土)第24回研心講座開催。匝瑳市 お菓子の太陽社社長 片岡正勝氏「私が失敗から学んだこと」

多くの経営の苦労を重ね、それをバネに活路を開いてこられた社長の言葉には重みがあった。苦労と逆境を福に転じて成功を収めている。

5月10日(土)第25回研心講座開催。勝浦市より 町おこしの仕掛け人 NPO法人「生きがい村勝浦」関 博之氏に「勝浦美しいまち作り・千年の森作り」と題して、お話いただきました。3万5千人いた勝浦市、今では2万人を切って過疎の進むまちをどうやって再生させるか、そのプロジェクトを熱く語っていただきました。

6月14日(土)第26回研心講座開催。松尾町在住 日本伝体術空手道黎明流真流宗家 井上無影(むよう)氏に「人として生きる道と空手道」-武道と認識の理論と題して講和いただきました。空手道で世界の頂点を極めた氏がやがて精神でいかに高い頂点を目指すか?修業の道、そして自分の物の見方、認識によってその人の生き方が定まるという。1時間のお話はそのまま1冊の本になる内容の濃いものでした。

 

7月12日(土) 第27回研心講座 開催。 今回は講師を招かず、鍵山秀三郎氏の「掃除の道」哲学編・実践編のDVD 約40分間 放映し学びました。その後いつも通り酒盛りです。

8月29日(金)28回研心講座開催。20名の参加 会員辻内さんの紹介で

○高松市社会福祉協議会 西郷照子様

○(株)ケアリング 福岡県 木村聡彦様

○社会福祉法人南十字福祉会  米澤美和様

の3名に 「福祉・介護のあり方」ついて話していただきました。明日成田空港よりスウェーデンに介護の勉強について研修に旅立つそうです。

9月13日(土)第29回研心講座講座開催。今回は会員の一人である冨永忠さんに「私のふるさと」と題し、長崎県島原半島にある千々和町からその周辺の歴史、文化、風土についてお話を伺いました。参加者11名でした。

10月11日第30回研心講座開催。東金市選出千葉県議会議員 石橋清孝氏に来訪いただき「父石橋一弥のことなど」をテーマに石橋家の家系に関して興味深くお話しいただきました。安岡正篤の学統についてもお話いただきました。

11月22日(土) 第32回研心講座 開催 ハッピーペンション下高原美津子さんの妹 美波さんが嫁いだアラスカに住むアメリカ人 Mr.Wilson Lonnie Jonesにお話をいただきました。明治時代にオーロラにあこがれ 単身アラスカにわたり 犬ぞりの競技大会でことごとく優勝、エスキモーの人たちにとっての英雄と崇められた四国松山出身の「和田重次郎」の物語を紹介してくれた。全員感動!

第32回研心講座開催。講師横芝光町栗山在住の若梅友男氏(元陸上自衛隊二佐)「日本国家の将来を憂う」と題し、憲法改正の問題、中国、北朝鮮の脅威について熱く語られました。

第33回研心講座講座 新春最初の講話は 大磯在住 千代田化工建設(株) 広瀬右一氏にお願いしました。題して「石油の今日明日」 藤城宮司 向後善之さんらと 小学校同級生です

第34回研心講座開催 中村満治氏 「道」の講話。 元 日本鋪道 現在 株式会社NIPPO 高速道路建設で活躍された方です。今年3月で退社されます。

3月11日(土)

第35回 研心講座は 大網白里市 保険センターで ねっと99主催のフォーラムに参加させて頂きました。朝9時 市田レンタのマイクロバスで14名集合、

10時から12時まで 藻谷浩介氏講演「里山資本主義について」聴講しました。12:30 東金市内にある そば処「逸香」で昼食をとり、かねて予約しておいた

県議 石橋清孝氏の邸宅訪問、石橋一弥記念館、旧宅の母屋、茶室など案内いただきました。

3月25日(土)

第36回研心講座開催。木内弘司さんの紹介で、外交官を40年にわたり勤め、今年3月でインドネシア領事館勤務を最期に退職された濱田雄二氏に『日本の外交官として40年間の海外勤務で思うこと』と題して講演いただきました。アフリカなどに上総掘りの技術を提供された大野氏も同行されました。

5月9日(土)

第37回研心講座開催。松尾賢二氏。

地球温暖化防止と里山作り運動

地球温暖化とは?

地球温暖化が加速しています。その主要な原因は、大気中の二酸化炭素(CO2)の増加です。それは18世紀に始まった産業革命による、化石燃料(石油など)の消費量が、現代に至るまで増え続けているからです。

地球の温室効果ガスに悪影響を与え、地球の年間平均気温 (15) が上昇し、海面気温も上がってきています。千葉県の平均気温はちょうど15℃で生活しやすい地域です。これを維持してゆくことが大事なことなのです。

異常気象はおきている

異常気象の原因は、地球の平均気温の上昇により海面気温も上がり、南極や北極の氷が溶けています。この地域の海抜は3mくらいだとすると、南極の氷が全部溶けてしまうと80m水位が上昇するので、水没してしまいます。世界の各地で台風やハリケーンなど大雨による洪水の被害がおきています。

健康被害について

2010年千葉県で熱中症で7名が亡くなっています。また蚊を媒体としたデング熱の発生などがおきています。蚊の発生を防ぐため水溜りの消毒などを身の回りからしましょう。

食糧生産の被害

洪水や高温による収穫量が減少する。リンゴやミカンも果実の出来具合に影響がでています。

環境家計簿

2年間の環境家計簿をつけることによって、各自の意識改革をして省力化を推進してください。自宅の電気料金を知ることで年間3万円くらいは節約できます。テレビを時計代わりにしない。部屋を出るときは電気を消してください。

LEDの節電効果

電球をLEDに変えることで節電効果があり、価格も比較的安くなっているので費用対効果を考えると、初期投資は3年くらいで回収できます。四街道市では街灯8100LEDに変えることで大幅な税金の節約を実現しています。

 6月13日(土)PM6:00より 38  研心講座

「蓬莱の国」 3人の歴史人物から日中台との関わり

講師  緯文

 石川会長以下15名の参加

講演内容

1.   お米、お酒の起源は?

米を主食としていたのは、今から一万四千年前です。皆さんのお好きなお酒は、約四千年前で今のビールのような飲み物でした。醸造酒です。焼酎のような蒸留酒は、もっと後のことです。

2.   中国から日本への3つルート

一つは、朝鮮半島を経由するもの。二つは、山東半島(上海)を経由するもの。三つ目、台湾を経由するものです。二千年から六千年前のことです。

3.「蓬莱」とは?

    二千年前の山東省では、日本のことを仙人が住む美しいところと夢みられていました。秦の始皇帝によって550年続いた戦争が終わり、統一されたが人々は喜んではいなかった。厳しい法律のもと逃げ出したいと思う人も多くありました。

4徐福について

   秦の始皇帝は、不老不死の秘薬を探していたころ、山東省で徐福と出会いました。仙薬を求めて徐福を「蓬莱の国」日本に航海させるが見つけられませんでした。徐福は59歳の時、三千人の大船団を率いて大海原に出航しました。

5..漢民族の時代

漢の時代は、人口は五千万人(現在は14億)だしたが、漢民族と言われるようになるのに四百年十三代もかかりました。そのほど大変なことなのです。

6.客家人

   漢民族の中には、戦から逃れて南に移民して、今の広東省周辺で定住した人たちを客家人と呼びます。よく知られている中国共産党のケ小平やシンガポールのリー・クアンユー(李光耀)などがいます。商売がうまく東洋のユダヤ人と言われています。
7.楊貴妃について

  玄宗皇帝は、息子の妃であった17歳の楊貴妃に一目惚れし、あの手この手で離婚させ、54歳の時に20歳の楊貴妃と結婚しました。さてそれほどまでの美人とは、唐の時代は豊満なぽっちゃり型、宮崎美子みたいな女性が人気でした。楊貴妃は身体が柔らかく踊りが上手でした。38歳の時、反乱により殺されたとされましたが、遣唐使の安倍仲麻呂と一緒に日本に渡ったという伝説もあります。上の写真は京都のお寺にある楊貴妃観音です。有名な詩人白楽天(白居易)が彼女を讃えた長恨歌を作っています。

8.倭寇の横行

  明の時代1405年頃7年間に23回の倭寇(日本人を中心とした海賊)の横行がありました。この脅威によって中国人の日本に対するイメージが、美しい国から攻めてくる国というマイナスイメージが植えつけられました。

9.台湾の登場、鄭成功について

  鄭成功は、倭寇の父と日本人の武士の娘の母の長男として、長崎の平戸で生まれました。7歳まで母に育てられ、武家の精神を受け継いぎ、その後、福建省で父に教育を受け、その容姿に明の皇帝から、国の姓(朱)を名のることを許された。22歳の時、国姓爺と呼ばれました。その後、南京攻略に失敗し、台湾からオランダ人を追放し台湾民族の英雄となりました。 

10.記録できない時代

     太陽の寿命は、約100億年と言われています。これを一本の縄にたとえたとすると、地球は、その半分の位置の細い赤い糸です。五千年の人類の歴史は、ほんの細い赤い糸のようなものなのです。2億年後、全ての大陸が一つになり、やがて地球は燃えつきてしまいます。私たちは何のために生きているのでしょう。地球のために何をすべきか考えなければいけないと思います。中国と日本の関係も、戦争の後に交流が深まるのに時間はかかると思いますが、次の世代によってより良くなっていくことを期待して、楽しみにしています。 

7月4日(土)第39回研心講座の開催。15名参加。会員の下高原さんの紹介で、外務省海外勤務40年、うちアフリカに勤務16年、あとはヨーロッパ、カナダに赴任、一昨年退職し現在千葉市幕張在住。「コンゴ内戦と邦人保護」と題し、コンゴ大使館員として勤務していた時、内戦に巻き込まれ、海外脱出の最後まで残って、命からがら脱出できたことを中心に、在外勤務の履歴を話された。フランス語が得意で重宝がられたとのこと。

 


鍵山秀三郎氏講演会「凡事徹底を貫いて80年」

2015711  18   会場  大里綜合管理株式会社1Fホール 泉の郷 会員 6名参加

幸せな11年間—東京の裕福な家庭に生まれて、何でも欲しいものは手に入る生活が一変したのは、昭和19年山梨の寒村に学童疎開した時のことです。食べる物、暖房、風呂もない生活でした。その年の310日朝にB29334機来襲し東京大空襲になりました。家が宮城に近いところにあり、家は焼けてしましたが、お濠があったため、家族全員無事でした。父が半年後の11月迎えに来て、防空壕で生活しました。その後、岐阜県に疎開し小中高を卒業して20歳の時、名古屋から夜行列車で東京に来ました。

会社員時代   社員20人その内7人が住込みという会社に就職しました。先輩社員の「毎晩ビールが飲めたら幸せだ」という言葉に何と小さな目標を持っているのかと思い、こんな人間にならないぞと、跳べないハードルを越える努力をすることにしました。能力を超えることを要求する会社だったことで、人間として成長させられました。今はできないことでも何とかクリアしようとする目標を持つことです。

覚悟と決断  人生で大きな決断をしたのは、創業15年たった時のことでした。当時売上51億円その60%を占めていた取引を停止しました。相手の会社やり方に、やめるなら今だと思いました。その時やめなかった会社は、今一社も残っていません。将来のために必要な決断だったと思います。私利を去り覚悟して決断することが人間を成長させる。「背水の陣」より「水中の陣」という、一歩もさがれないという状況でした。その後奇跡とも思える新商品を連発して、会社は生き延びることができました。どんな厳しい環境でも、問題の本質を知り、対応策をたてることが大切です。

社でしたこと  勤めた会社の自動車のディーラーは、油とほこりに汚れた職場環境でした。一人でキレイにしようと3年間毎日掃除をし続けました。4年目からはっきりした兆候があらわれました。来店される客層が変わってきて、有名な俳優(森繁久弥、三船敏郎)歌手(美空ひばり)力道山などが多く来始めました。社長からも認められるようになりました。

ショーペンハウアーの名言  何かを成し遂げるには3段階がある。@ まわりから笑い者にされる A 激し抵抗と反対にあう B やがて同調してくる

2013年に前橋育英高校が甲子園で優勝しました。野球部監督荒井直樹さんは、それまでに遠征先の学校のトイレ掃除を部員とともにやり続けました。頑固で古臭と言われていましたが、優勝したら信念の人と言われるようになりました。

新宿駅の清掃も最初は奇異な目で見られていましたが、今は周辺の店の人たちが、毎日3時から15分掃除をするようになりました。

愛知県のある高校の先生は学校のトイレ掃除と名鉄の駅の清掃をするようにしたら、今まで人前でしゃべることができなかった生徒が、私の講演会の総合司会をしてくれるまでに成長してくれました。

ベンジャミン•ディズレーリの言葉ギリスの宰相の本の中に「如何なる教育も逆境から学べるものには敵わない」

東京オリンピックにむけて  来年はブラジルでオリンピックが開催されます。私もブラジルに何度か行きました。5年後の東京オリンピックに出ようと多くの人が、頑張っていますが、出れる人は限られています。大きな違いは、やるかやらないかです。「あの時やっておいてよかった」「あの時やっておけばよかった」どちらがいいかは、わかりますよね。

国会議員にいいたいこと  どっちが正しいかではなく、何が正しいかを議論してほしいと思います。

・ロケット博士糸川英夫  最初にペンシルロケットを打ち上げた時、まわりから子どもの遊びと馬鹿にされました。それが探査機「はやぶさ」が、60億キロ離れたわずか直径800mの小惑星(イトカワ)の土をもってきたのです。彼に言われた言葉に、食事する時は、誰と食べるかが大事だ。旅も誰と行くかが大事だ。とにかく気の合う人と行動することが大切です。

自転車操業から始まった  昭和361010日自転車一台で始めた時会社が、今海外を含め700店舗までになりました。最初は名刺をやぶられたり、ストーブで燃やされたりしました。すべての困難だったことが、今はいい思い出になりました。

厳淨せよ!  岐阜の高校の先生の教えに、背筋を伸ばせ!そして@周辺をA人心をB国家を厳淨せよ!この教えを守って生きて行きたいと思っています。いきなり核心にふれると抵抗が大きい。周りのことから始めてください。やがて日本の国がよくなり、世界にまでも美しくしなります。

日本中に127ヶ所  私の運動に賛同してくれる団体が、千葉県で7ヶ所、一番多いのが鹿児島県で13ヶ所あります。京都市は2年連続世界一きれいな都市に選ばれています。それは屋上看板を多くの反対を押し切って無くしたことで「京都はキレイ」になったからです。京都市長の大きな決断の結果だと思います。私は高齢ですが、命が続く限りこれからも全国を歩いて行きたいと思っております。

 9月12日(土)PM6:00

40  研心講座  

演題  NHKスペシャル「明治神宮  不思議の森」  参加者 石川会長以下13名

巨大都市・東京にぽっかりと残された緑のミステリーゾーン。それが明治神宮の鎮守の杜(もり)だ。初詣客で賑わう参道とは対照的に、森は神域として立ち入りが禁止され、100年に渡って守られてきた東京の秘境だ。
                    

天才たちによる“永遠の森作り”の大実験 森に秘められたミステリー

実はこの森には世界でも例を見ない秘密が隠されている。それは、“人が作り出した究極の森”ということ。森の始まりは、今から100年前に遡る。明治神宮の創建にあわせて、東京の真ん中に一から人工の森を作ろうという壮大な実験が始められたのだ。日本各地から集まった10万本もの樹木を5年がかりで植林する大事業となった。この計画の中心となったのが、日本の“公園の父”とも呼ばれる林学博士・本多静六たち。樹木の遷移という近代造園学の知識を初めて取り入れ、多様な樹木を植えて競い合わせることで“永遠に続く究極の森“を作るという壮大な理想を目指したのだ。

「永遠の森」を目指した壮大な計画のもと、大正4年から造営工事が始まりましたが、全国から植樹する木を奉納したいと献木が集まり、北は樺太(サハリン)から南は台湾まで、日本だけではなく満州(中国東北部)朝鮮からも届き、全部で約10万本の木が奉献され延べ11万人に及ぶ青年団の勤労奉仕により植林することによって、代々木の杜が誕生しました。

初めて生物の大調査が行われた 森は野生の宝庫、東京の最後の秘境


今回、この森の全貌をときあかそうと、3年がかりで、50名を越える研究者からなる特別チームの学術調査が行われた。動物や昆虫では初めて、植物でも40年ぶりの大調査だ。一本一本の樹木を測定するという詳細な調査の結果は、驚きの連続だった。発見された生物は、ほ乳類のタヌキや猛禽のオオタカ、昆虫や粘菌まで実に2800種以上。東京で絶滅したと思われていた稀少な生物、なぜか沖縄と明治神宮にしかいない不思議な生物まで、ミステリアスな生態系が隠されていたのだ。

100年放置されたことで自然の力にゆだねられた原生林ができた

森が壁になって絶滅が危惧される生物を守る役割を果たした。三人の天才が計画した150年を待たず、100年の歳月で鎮守の杜が完成した。当初の針葉樹は少なくなり、常緑広葉樹が7割を占める太古の森がつくられた。参道の落葉は捨てられることなく森に還され、倒木もそのままにされ大地の栄養になっている。直径1m以上の常緑広葉樹が244本になり、実生も40万本と後継木も育っている。自然に任せておくと原始に回帰してゆく、このような不思議な森が、都心にあることは本当に幸せなことだ。

 

41  泉の郷 研心講座 

   
 
演題「今からでも遅くない IT活用法」 講師 泉の郷会員 井上富雄氏

1.      ガラケーからスマートフォンへ
日本の携帯電話は、世界標準ではない独自の進化を遂げたため、ガラパゴス諸島の名前からとってガラケーと言われている。そしてより進化したスマートフォンを使えば、パソコンと同じ様々なアプリ(万歩計、雨雲レーダー、録音)を使って、もっと便利に日常生活がおくれる。ただシニアむけには、画面の大きいiPad miniをお勧めする。

2.      こんなに便利 iPad mini 活用法
画面の大きさは、7.9インチ、価格は3万円から5万円。

a.      記録性に優れている  カメラ、ビデオ撮影もでき、編集も簡単。音声データも録音でき、会議の録音や情報をメモするのに便利。

b.      情報収集が簡単   天気、ニュース、地図、電車の乗換案内、ナビ機能、動画が見れる。例えばウェザーニュースでは、現在地の天気、雨雲レーダー、地震情報がリアルタイムでわかる。ナビタイムでは、行きたい場所の経路、到着時間が、乗換案内では、行先までの運賃、経路、所要時間がわかる。

c.       セキュリティが高く安全   アップル社のOSはガードが固く安心してインターネットバンキングや証券ホームトレードを使って資金管理ができる。

d.      メールのやりとりがしやすい  入力画面が大きく、画像やデータも添付して送信でき、通信費の節約になる。

e.      音楽や雑誌・書籍が簡単に手に入る   無料のアプリを使えばラジオ放送、古典文学が楽しめる。

f.        見逃したテレビ番組や見たい動画が見れる  NHKオンデマンド、Youtube、ニコニコ動画などのサイトで検索して見ることができる。

その他、使い方は無限大です。それぞれ皆さんの活用法を工夫して、日常生活を楽しみましょう!

第42回 泉の郷研心講座 平成27年10月30日(金)午後6 時~
演題「福祉介護のあり方⽅II」

講師 ⽊木村晴惠様(公益社団法人日本介護福祉会理事)

    ・台座麻理様(東京都健康運動指導士)

講演内容 ・⽊木村晴惠様 ⽼老人介護に思うこと

 昨年定年退職するまで40年以上老人介護に携わって、ケアマネージャーの教育指 導をしてきました。2014年介護福祉⼠海外研修の団長としてスウェーデン、デンマ ーク、フランス、オーストラリアを訪ね、老人介護の現状を見てきました。特にス ウェーデンは介護施設の環境が素晴らしく、完全個室でした。我が国では都道府県 によって違っており、京都では30年前から完全個室ですが、千葉県はまだ相部屋の 現状です。それと介助者も2対1+機械と介助体制が万全を期しています。国⺠⼀⼈ 当たりの税負担が37%の日本と53%のスウェーデンの違いだと思います。
個人的には、同年齢の夫が定年退職後に健診で直腸癌が分かり、三ヶ月後に腹腔 鏡手術をしました。術後に「尿モレ」の問題を紙オムツに尿取りパッドで対処する ことで外出も苦にならなくなりました。介護用品が良くなっているので、自分・夫 婦・家族で対応できることはできます。
最後に介護で知っておいてもらいたいことは、日本の制度が変化に対応して、元 気な人が増えていく体制を、地域で作り上げてほしい。

・台座麻理様   NEATと脳トレで⽣活習慣病の予防を
2020年の東京オリンピック開催が決まり、先日のラグビーでの日本チームの活躍 もあり、益々スポーツが注目され健康ブームも熱が入ってきました。シニア世代の 健康維持のための運動は、心や脳にも良いことがわかってきました。最近のテレビ 番組にクイズ番組が多いのは、政府の意向が反映されています。
〈脳トレ〉
・家事で工夫する…料理、ガーデニング など ・趣味を⽣かす…読書やカラオケな どで、違うジャンルに挑戦する ・体を動かす…非日常的動作をする。歌を歌いな がらウォーキングなど ・単語や記憶を書き出す…日記に書く
〈生活習慣病予防〉
・1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後に薬…医療費で無駄になっている薬が一 兆円。市販の薬は要注意、信頼のおける医師に相談する
・アクティブガイド +10から始めよう…寄り道して10分プラスして運動する
・NEAT(Non-Exercise Activity Thermogenesis)習慣を…日常生活の中で身体能力を高める。タオルを干すなど家の中でできることを積極的にする
・万が一に備え、貯筋運動のすすめ…シニア世代は筋⾁が落ちやすい。コレステロ ールをあまり気にせず、いざという時(転倒など)に備える。
・健診で自分を知り、日々の身体変化に要注意…血圧、血液検査や自分でしか分か らない変化に注意する
毎日正確な記録を! 1日前を振り返り…食事の献立、食べた物を記録する/運動内 容、回数、時間、歩数を記録する/1日前の食事、運動を思い出し書き出す/2、3 日前にずらし負荷を高いる
健康づくりのための「自分のルール」を作りましょう…ロコモ・メタボ・認知症は 関連性がある。自分の体を自分で守るために知識が必要です。健康寿命をのばすた め、運動や⾷事管理を維持するための方法を確立することが大切です。

 

43回 研心講座   平成27年12月5日 午後6時〜     

演題 「人生の生きがい」 講師 佐久間三郎氏 (サクマフーズ社長)

略歴 昭和17年福島県に生まれる。15歳のとき父の経営する会社が倒産。中学卒業後、東京の煎り豆メーカー入社。20歳のとき独立し、「サクマ商会」を設立し、現在のサクマフーズ株式会社に至る。

 

出席者 18

 

平成258月、平成261月に続いて今回が3回目の研心講座になります。今回は「人生の生きがい」についてお話いたします。

伝統報恩・・・お世話になった方に恩返しをすること

人心救済・・・「至誠」(まごころ)をもって、おかげさまと感謝すること

商売は人の心を幸せにするためにある。親(祖先)学校(内観)社会の先輩に御恩返しをすることです。

人生は邂逅の連続である。どんな人と出会うか、自分の運命を変えていきます。出会いを大切にしてください。

夫婦の出逢いもまた奇縁です。375千の1の確率で出会ったということです。ですから夫婦仲良くすることが一番大切なことです。

母の3つの教え@貧乏はいつまで続くものではない。貧乏金持ちは時の運Aやけくそをおこさず、頑張るんだぞB願い事をもって生きろ この教えを守って今日まで頑張ってきたから、今の自分があります。

修業時代安斎社長から敬語を使えるよう厳しい指導をうけたました。挨拶から連絡・相談・報告の大切さもおしてもらいました。

生きがいとはなんでしょう? 会社(仕事)でもなくてはならない人になることです。本気ですれば大抵のことができます。そして何でも面白くなり、困ったとき誰かが助けてくれます。つまり全部自分に返ってくる、人生は自分のためにあるのです。

家庭教育(看過教育)つまり、身近な人にどう接しているかで人は変わるのです。親の姿を見て子どもは成長していきます。夫婦仲良く毎日を過ごしてください。

私の一生で一回だけ、妻にあやまったことがあります。それは昭和521月に御殿場研修センターでうけた後、自宅に帰ってから「今まで悪かった。許してくれ」と言いました。妻の自分も悪かったといい、それからは夫婦喧嘩はなくなりました。そして夫婦仲良く孫たちがすくすく育ってほしいと心から思っています。

「たまには妻にありがとうと言ってみたら・・・」 食事の度、たった一言「ありがとう」と感謝して言うことです。ありがとうは魔法の言葉です。

モラロジー研究所は唯一国に認められた公益法人です。学校の道徳の教科書作成のために85年の歴史があります。自分の心を善い心に変えていくこと(心から喜んでやること)で、必ず運命が変わります。少しずつでいいから善行を累積していってください。

人生とは正しい価値判断があるか?判断・決断・断行が人生のやりくり3断といいます。そして人生は進化(発展)するか退化(滅亡)するかです。浮き沈みしながら天国(極楽)にいきたいものですね。

人生の評価はその人が亡くなったときにわかります。そして相手に余韻を残す人にならなければいけません。

京セラの稲森会長が、人生の答え=能力×努力×考え方と言っておられます。自分が善行を積むことで余徳(神様の貯金)を積むことで、子孫のため徳をのこしてあげてください。

今、まだ親が生きておられる人は、恩返しのビッグチャンスです。恩返しの窓口が開いているということです。親不孝すると余徳をもって旅立ってしまします。親がもういない人は、兄弟仲良くすることが親孝行です。

自己研鑽を怠らないで、実践し続けること。自分がやったことしか変わらないので、生涯にわたって実行してください。

「オールド ビー アンビシャス」「ええ年寄りになりなさい」余生から与生へ、人々に喜びを与えながら生きていく

そんな道徳を実行した人が幸せになるのです。命を懸けて全力でやってください。

44回研心講座            平成28213

演題 関寛斎の生涯  『斗満の河』

   

講師 乾 浩氏 山口県周防大島出身 元筑波大学講師 現在横芝光町在住

参加者 16名     

 

最初に城西国際大学メディア学部制作の関寛斎の人物像をVTRにて紹介。

[講演内容]

 関寛斎の名前を知らない人が千葉にも多いということで、平成2159歳の時、脳梗塞のリハビリを兼ねて、『斗満の河』(新人物往来社)を執筆しました。その後、訂正箇所がたくさんあるので増刷時にと思っていましたが、出版社側の事情もあって、初版5000部で品切れになってしまいました。

 本日は、略年譜をもとに関寛斎の生き方を中心にお話します。

文政13年(1830)上総国山辺郡中村(現在の東金市東中)で、吉井佐兵衛、幸子の長男として生まれました。

4歳の時、母幸子と死別。母の姉の嫁ぎ先の関家で養われました。その後14歳のとき正式に関俊輔の養子となり、この関俊輔こそ寛斎が一番大きな影響を受けた人物です。

19歳の時、佐倉順天堂に入り、佐藤泰然に蘭医学を学び、「医は仁術なり」の精神をたたきこまれました。

22歳で君塚アイと結婚、前之内で開業しました。

27歳の時、銚子荒野町で開業、コレラ防疫対策で業績をあげヤマサ醤油の濱口梧陵の知遇を得ました。

31歳の時、長崎に遊学し、医学練習所の蘭医ポンぺに西洋医学を学び、33歳で銚子に戻りました。

34歳の時、徳島藩横須賀家の侍医となり、徳島に赴任しました。そして39歳の時、戊辰の役に軍医として奥羽出張病院(野戦病院)頭取として従軍し、敵味方の区別なく治療にあたりました。近隣の医者や青年集め指導し、医療奉仕団今の赤十字のような医療活動をしました。その後徳島に帰り、徳島藩病院と藩立医学校を開設し、後身の育成にあたりました。

44歳の時、藩医の地位を捨て、市井の医師として開業、貧乏人からは治療費をもらわず、周囲の人から「関大明神」と呼ばれました。その後西洋医学のみならず東洋医学(医食同源)もとりいれ、新鮮なものを食べて身体を作る予防医学のはしりともなる考え方を実践しました。

65歳の時、札幌農学校にいた五男又一の希望で、実験農場を北海道石狩郡の樽川農場を取得し、視察したのち北海道移住を決意しました。その後、帯広の奥地陸別斗満の原野の開拓に、なんと73歳という高齢で極寒の地に向かいました。アイヌと周囲の人々を診療し、牧場経営も苦難の日々が続きました。

75歳の時、妻アイと死別。「ババはわしよりえらかった」とその苦労をねぎらいました。生涯夫を支え、まさに夫唱婦随の夫婦でした。

83歳の時、牧場の経営方針や孫からの訴訟などの苦悩からか、1015日母の命日に服毒自殺をしました。自殺の原因はわかりませんが、私は妻の愛の死が一番ではないかと思います。 

私のテーマは、何故九十九里から関寛斎のような人物がでたのかを調べることです。もちろん父俊輔(素寿)の影響を受けていたと思います。製錦堂関先生

墓喝銘の石碑から読み解くことができるでしょう。メインテーマは、「人は生きては、社会に役立つ人間になるべき、死んでから栄誉を残さず、清く貧しく生きるべきである。お金に困っている家庭の子弟にも勉強をさせるべく手を差し伸べること」にある。また徳島藩医の寛斎から一緒に徳島に来るよう誘われたとき、「そういうものじゃない、わずかの給料で上司の顔色を伺うような息子の姿は見たくない」と断りました。このような素寿の思想風土は、上総道学の系譜とつながっていると思われます。

 江戸後期の成東を中心とした上総道学は、「姫崎口義」の中にも、読み取れます。「この世に儒者なんていない。ただ聖人を目指して行う学問が、我々の道学なんだ」と。

                              以上

46 泉の郷研心講座       平成28521  午後6~

演題「横芝光町現状と将来の展望」


講師  横芝光町町長 
佐藤晴彦氏

『まちづくりを語ろう会』出前トークの一環として開催されました

講演内容

1 成田空港機能強化への対応について    資料1

    現在成田空港の容量拡大にともなう第三滑走路計画が、検討されています。その背景には、インバウンド(来日外国人による経済効果)があり、本年も2,000万人を超え、近い将来35,000万人になると予測されています。

    特に近年LCC(格安航空会社)専用第3ターミナルもでき、利便性も高くなっています。

    成田国際空港会社(NAA)、国土交通省、千葉県、地元市町の四者協議が年23回開催され、515日の説明では、新しい第三滑走路計画の概要が提示されました。発着回数を現在の23万回から50万回に増やすことになり、ますます騒音問題が深刻になります。横芝光町でも横芝光町航空機騒音等対策協議会が発足したところです。

    さらに以前から夜間飛行の離発着制限(カーフュー)の深夜便を増やさせてもらいたいとの要望もあります。この機会を我が町の経済的、産業振興のチャンスと捉え、空港周辺対策交付金(現在約43千万)の増額交渉を、騒音と落下物だけの町にならないように粘り強くしていきたいと思っています。

質問     第三滑走路計画を閣議決定しないのは何故ですか?

回答    NAAの出資割合は国土交通省が90%総務省が10%ですが、一応民間の会社なので、政府がどうこうという問題ではないようです。

質問     横芝光町のどの地域を飛行するのですか?

回答     現在のサビア上空に加え横芝駅上空になると思います。

質問     土地の収用はできているのか?

回答     今の計画でいけば、芝山町8割、多古町2割が予想されます。芝山町や多古町の第三滑走路を促進する会で、署名活動をしていますが、土地の収用に関してはどうなるかわかりません。

2.産直交流施設(『道の駅』)の計画について     資料2

     現在基本計画策定中ですが、場所を坂田池公園北端部にと考えています。どうしたら成功できるか、コンサルタント協力のもと基本計画検討委員会で協議しています。コンセプトとして、町をアピールし、交流や賑わいの拠点として開発したいと思っています。

     その他に直近の話として、銚子連絡道路が横芝光インター出口からあけぼの橋南側までの延長する県の計画が決まりました。そうすると今の出口周辺のところに休憩所をつくる可能性があります。その土地が3,000uと隣接する国の土地3,000uあり、そこに『道の駅』をという案も出てきました。でもまだまだどうなるかわかりません。

    当面現在の計画を進めたいと思います。ただし予算をできるだけ抑え、コンテナを活用する機能の発展性を考慮した建築計画で、3億円ぐらいでどうかなと思っています。

質問    いまひかり直売所が、成功しているので一緒にやればいいのでは?

回答    ひかり直売所との連携は今後の課題です。我が町には横芝地域と光地域のバランスのとれた振興が必要と考えています。『道の駅』には何が大切なのか?    それは、場所だけでなく内容のほうが重要だし、良い品が揃っている地域の協力が必要だと思います。それと『道の駅』の幾つかの要件、24時間使えるトイレ設備観光バスのとまれる駐車場も必要です。それと成功するには、地元の人が購入してくれなければなりません。

質問    どうせやるなら、横芝光インター周辺に多くの予算を投入して大規模にしたら?

回答    あの場所は、いつできるかわかりませんし、国の土地を購入してまではできません。あと三年後の坂田池公園を先行し、ノウハウを蓄積してから、横芝光インター付近の『道の駅』と両方運営することも考えられます。

質問     3億円を回収できるのか?

回答     現在試算中です。町が運営するわけではないのですが、産直交流施設が成功するには、小さな農家や、リタイア後の方々が作った野菜などを売りたいという思いを叶えることや、売れるネギの勉強会を行い、作ったものを売る場所であってほしい。

3.駅前再開発について      資料3

     横芝駅前の改良工事は、ほぼ完了しました。70坪ほどの町有地はありますが、大きく再開発は考えておりません。

質問    五月いっぱいでサビアがなくなりますが、跡地にどこか出店するのか?

回答    民間の問題なのですが、カスミが出店することがありそうです。ケーズの建物も一緒にとり壊すようです。

質問    駅前が活気がないのですが・・・

回答    公共交通(循環バス)は、乗車料金では採算取れず、不足分は町が負担しています。オンデマンドタクシーは予約制ですが、一回300円(運転免許証返納者半額)です。日曜祝日に成田空港(イオン経由)横芝駅間にシャトルバスの試験運行を計画しています。あと観光協会の協力で様々な観光イベント、バスツアーなど企画し活気を取り戻したいと思います。

質問    NAAから補助金などに使えるような援助はあるのですか?

回答    もちろん考えております。そのほか千葉大学が補助金を活用して、旧光商工会館を改装しハブオフィスを設置し、鈴木准教授が町のシティマネージャーとして、学生と町民が協力して横芝光町創生のために行動していこうとしています。最後にお土産として、道路の整備(石川スタンドから鈴木建業の歩道付きの道路、長塚清長大橋の大型車通行可)など進めていきます。

 

石川会長総括

      普段聞けないお話をいただきありがとうございました。町の行政がいかに難しいか痛感いたしました。合併10周年の融和のためにもご努力いただきありがとうございます。国家百年の計として成田空港が整備されて、子と孫が就職できる場としても本当に良かったと思えるように、今後ともご指導いただければと思います。

 

参加者     石川主計、木原孝明、向後善之、冨永忠、鵜ノ澤常吉、実川恭弘、藤城吉雄、鈴木三男、伊藤正芳、藤城吉菫、中村満治、中村一枝、辻内通弘、邊緯文、木内弘司、大木利夫、井上富雄、下高原美津子、今西倫子、越川一夫、石井正雄、石田雅章

 

47 泉の郷研心講座       平成28611  午後6

演題「保育の現場から見た現代母親像を読み解く」


講師  千葉敬愛短大講師 
柿田崎子氏

講演内容

1.保育所に40数年勤めて感じる子どもたちの生活

@子どもにとってうれしいことを知ろう!

・好きな事が出来る喜び・我が儘が受け入れてもらえること・心が満たされること

(自己肯定感が育まれる)

A子どもの心に伝わる言葉とは?

・言葉にならない言葉も受け止められる実感(言葉の土壌が育つ)がある

・肯定的で温もりが感じられる言葉・意図を理解し優しさがこめられた話し方                               

B子どもにとって大事な人は?

・うなずきを返してくれる人・振り向いた時に側にいてくれて心の支えになってくれる人

・可愛がられた実感がもてる人の存在(愛着関係が築かれる))

C大人同士の信頼関係が子どもの心の安定につながる

・人として同等の立場を持ち続ける・互いに支え合う支持的な関係を維持する    

・忙しさを感じさせない対応こそがプロとしての仕事といえる

2.子どものための催事の企画について思うこと

@子どもを参加させる母親の思いとは?

・同年齢の子どもと遊ばせたい・異年齢での交流を経験させたい・家庭では出来ない遊びをさせたい・子どもの遊びを知りたい・育児の参考にしたい

Aどのような催事ならば、子どもを参加させるのか?

・家庭ではできない戸外活動・食育に関連する企画・興味を引くような工作

・歌や手遊び、ゲーム、ボールを使った遊び、お話しや読み聞かせの会等

.主催者として注意することは?

・企画や準備の指導者協力者の配置等を詳細に作る・怪我や流行性の病気の対策  

・保険等の検討・年間予定や実施の内容等を近隣に周知する方法の検討

C母親も一緒に楽しんで参加してもらうには?

・子どもと一緒に体験できる企画 手遊び、ゲーム、工作、リズム、自然体験等

・各種の育児講座の開催・子育ての相談やアドバイスが気軽にできる雰囲気

事例 T      千葉市内で「親子の会○○」を実施活動  

➀開催日     毎月3回(水曜日)10時から12時

A対象年齢    幼稚園や就学前の乳幼児

B開催場所    千葉市内の公共施設に登録し実施

C活動メンバー  保育士経験者、幼稚園教諭経験者、当時の保護者

(主催者は退職後親子との活動を始め8年を経過。転勤で千葉に来て、頼る人がいない若い母親の相談の場、他の人と知り合う場になっている。掲示物と口コミで参加者が広がっている)

D企画内容    触れ合い遊び、体操、リズム遊び、絵本読み、工作等

E特別企画   たけのこ堀、じゃがいも堀、ソーメン流し、さつまいも堀

        クリスマス会、お餅つき等(農家の広い庭での体験活動)

この企画は郊外の農家が協力して下さり実現している。また古民家を改装した不定期開店の食事処でランチを一人500円程度の実費で提供してくれている。 

事例 U         土曜広場の開催     

➀開催日     第3土曜日  午後2時から2時間程度

A対象年齢    近隣の小学生と時に保護者も

B開催場所    地区の公民館(各小学校に活動内容のチラシを配布)

C活動メンバー  主体は地区民生委員、市・区社会福祉協議会

(発足はボランティアから始まったが公民館活動の一環として実施している)

D活動内容    料理教室、書道、工作、たこあげ、めだかやざりがに捕りの野外活動・蛍がり・小鳥の観察会 クレソン摘み等 生き物は持ち帰る子が多く、親子に飼育の方法を教えている。

E活動費用   民生員活動への補助金、他の団体からの補助及び寄付による

        公民館で保険をかけている。活動の拠点は申請により優先的に公民館が確保されている。  

出席者   石川会長ほか19名

 

 


48 泉の郷研心講座       平成28625  午後6~

演題「匝瑳市里山の生物」

講師  千葉県野生生物研究会 八木幸市

略歴 群馬県沼田市生まれ、東京農業大学卒業後、敬愛大学八日市場高校、横芝敬愛高校の生物教諭として20143月まで勤務 

講演内容

私の所属する千葉県野生生物研究会は1990年頃トウキョウサンショウウオの分布調査からはじまりました。2014年現在の名称に変更になりました。

千葉県で調査している野生生物は、トウキョウサンショウウオ、二ホンイシガメ、アズマギク、アカハライモリなどです。

八日市場イモリ2003

匝瑳市の里山には下記の貴重な生物が生息しています。

◆絶滅危惧TB類(EN) 魚類ホトケドジョウ

◆絶滅危惧U類(VU)鳥類サシバ 両生類トウキョウサンショウウオ 魚類メダカ北日本集団

◆準絶滅危惧(NT) 鳥類オオタカ 両生類 トウキョウダルマガエル アカハライモリ 

爬虫類 二ホンイシガメ

1.トウキョウサンショウウオ

テキスト ボックス: そこでわかったことは、10年前と較べて三分の一にから五分の一に産卵数が減少していたことです。主な原因として考えられるのは休耕田の増加と思われます。里山の自然の環境の変化がわかりました。この写真はトウキョウサンショウウオの産卵の様子です。写真で見ると大きく見えますが、体長は⒖cmくらいです。生息分布図は左下のようになっています。群馬県を除く関東各県と福島県です。
 
 そのなかで房総半島に一種類しか生息していないトウキョウサンショウウオを里山の生物の指標として調査研究していて、今年10年ぶりに匝瑳市の房総丘陵をくまなく歩いて調査しました。

テキスト ボックス:  匝瑳市の調査地域は、左の写真のようになっています。産卵期は2月から4月の3か月間です。房総丘陵は産卵に適した環境であるということです。
航空写真

 トウキョウサンショウウオは、一月下旬から四月上旬の暖かい雨が降った時に溝に降りてきます。メスは産卵が終わると林に戻っていき、四月下旬にはおたまじゃくし状の幼生になり、鰓が出てきます。親が生活できる山と水場(産卵場所)が必要です。溝の造成や手入れのされている里山の環境が大切です。敬愛大学八日市場高校の自然科学部の生徒たちがビオトープとして整備した場所では環境教育や自然観察会が行われています。匝瑳市の里山は、トウキョウサンショウウオの生息地として世界一です。

img057 DSC00232

 

2.二ホンイシガメ

 次に二ホンイシガメですが、飯高檀林近くの妙福寺にカメを奉納したといわれており、そばを流れる栗山川上流に生息し、こんな狭い地域にまとまっているのは、大変珍しいことです。

テキスト ボックス: 写真の左が外来種のクサガメ(臭いがくさいから)中央が交雑種のオス、右が二ホンイシガメです。捕獲したカメを遺伝子レベルで調査したところ、雑種の存在が確認できました。調査捕獲した雑種は、回収保護しています。現在二ホンイシガメは鴨川シーワールドなどに域外保全もされています。
 
イシガメ

 73NHKの「ダーウィンが来た」で『里山フル活用! 生き残れイシガメ』として放映される予定です。是非ご覧ください。

3.ヘイケボタル

 千葉県に生息しているのは写真左から、ゲンジボタル、ヘイケボタル、クロマドボタルです。

  

 ゲンジボタルは6月中旬ころ、ヘイケボタルは6月から9月くらいまで飛びます。ゲンジの方が大きく光もヘイケの20倍も明るいです。クロマドは幼虫が光ります。

 ヘイケボタルの生息環境は、餌となる貝の住める環境が必要です。餌はタニシやモノアライガイでカワニナはあまり食べません。幼虫は水中生活し、綺麗な清流というより人間の生活場に近い水場が適しています。それと成虫のオスには隠れる木陰が必要です。水場にいるメスは、卵を陸地のコケに産みます。そして幼虫が上陸できる土環境、付近に光がないこと(オスとメスが光で会話する)、除草剤や農薬は散布しないことが必要です。

 結論として、ホタルは住民に受け入れられる生き物です。住民みんなで環境を整備したり、ごみを捨てない、草刈りに協力するなど水路の整備をして、観察会ができるといいと思います。まだまだ栗山川水系には貴重な生物が生息しています。みんなで力を合わせて取り組んでいきましょう。 

参加者  石川会長、向後、椎名、中村、石井、井上、中野、下高原、今西、岡野以上10

 

9月17日 第49回研心講座開催  IHS 石井一孝氏  演題  地域活性化プランと目標について 現在「日本全国食宝館」を930日オープンに向けて奮闘中。

 

12月18日  第50回研心講座開催 講師:大木弘之氏 「半世紀にわたり子どもの教育に携わって」

2017年

3月26日(日) 第51回研心講座開催。横芝光町古屋出身。昭和21年生まれ。今関輝彦氏。「わが野球と人生」と題し、生い立ちから野球との出会い、銚子商業高校、甲子園、国鉄からJR・・・退職後の今までを語っていただく。10名参加。

7月15日(土) 第52回研心講座開催。市川市在住、作家 中津攸子氏「幸せに生きる」と題し、講和いただきました。老いるとは?充実した人生とは?85才までとそれからの人生・・・率直に淡々とお話しいただきました。示唆に富んだ有意義な講和でした。

第54回 研心講座 開催  7月14日(土)

船橋市在住 宇井教雄氏 「東京海上に出資した26人の華族達」と題し お話しいただきました。参加者17名。

 向後善之さんの小学校時代の同級生ということで第5回の講座に次ぐ2回目の来町でした。